人気青汁を徹底比較!
毎日の若々しさとイキイキを支える優秀な製品を厳選して評価。
本当に満足できるアイテムを飲み比べました!

明日葉青汁の特徴

明日葉にはいくつかの名前があります。
angelica(アンゼリカ)や八丈草などがその代表的な例として挙げられます。
その中でも私たち日本人が親しみを持って【明日葉(あしたば)】と呼ぶのには、
実はちょっとした背景があります。

そもそも、名前の由来は「今日摘んでも、また明日生えてくる」というこの植物の生命力の強さにあり、
実際には4日程度の期間を要しますが、それだけの強いエネルギーを持っています。
この生命力の強さからもわかるとおり、非常に豊富な栄養素がぎっしり詰まっています。
これが名前の由来なのです。

また、特有成分としても挙げられるフラボノイドの一種の【カルコン】や、
強力な抗酸化作用を持った酵素の【SOD酵素】など実に魅力的な栄養が豊富に配合されているのも、
この植物の大きなメリットのひとつとして挙げられるでしょう。

セリ科の植物であり、日本原産の植物としても知られています。
中国では漢方薬として根の部分を使う事もあり、日本でも不老長寿の薬と言われていたそうです。
こちらのサイトでは便秘解消や、大腸癌の予防に青汁が効くと、解説しています。
苦味はあるものの、ほのかにしか感じられず、ケールとは異なる風味だといえるでしょう。

近年ではスーパーでも時折見かけるようになりました。
料理に使うには下ゆでをしてアク抜きをするなどの工夫をすると、より一層食べやすくなると言われています。

含有されている栄養素

先述したとおり、強い生命力から様々な栄養素を豊富に含んでいます。
それ故に改善が可能な症状や病気も多岐にわたり、青汁の原材料として非常に有用性が高いと言えるでしょう。

代表的な栄養分としては上記のSOD酵素とカルコンが挙げられます。

【カルコン】
この成分は特有成分のひとつでポリフェノールの一種です。
ガンや肥満予防への効果が高く、特にダイエットに適した栄養とも考えられます。
内臓脂肪に悩まされている方は少なくありませんが、カルコンはそれらの脂肪の蓄積を抑える作用があります。
強力な抗酸化作用も注目すべきポイントといえるでしょう。
老化や肌のシミ・シワに対する改善を図ることができます。

明日葉は青汁の原材料の中でもダイエット効果が非常に期待できるといわれています。


【クマリン】
有機化合物でラクトンの一種であるクマリンはガン予防効果があります。
さらに血液を固まりにくくする作用があるため脳梗塞や心筋梗塞の予防にも役立つスグレモノです。
抗菌作用があることでも知られており、ウイルスや細菌を排除する働きもあります。

この他にはβカロテンやビタミンB類をはじめとするビタミン類が豊富で、高い健康効果が望めます。
カルシウムやカリウムなどのミネラルに関してもバランス良く配合されています。

トップに戻る