人気青汁を徹底比較!
毎日の若々しさとイキイキを支える優秀な製品を厳選して評価。
本当に満足できるアイテムを飲み比べました!

アレルギー・副作用は?

生活習慣病予防や動脈硬化、脳梗塞にいたるまで様々な症状に改善作用を持っている青汁ですが、
これだけの効能があれば【副作用】もあるのではないか?
と勘繰る人も少なくないのではないでしょうか?

アンチエイジングや肌質改善などの美容目的やダイエットを目的として服用しているのに、
予想していなかった悪影響が出てしまったという事になれば大問題です。

しかし結論から言えば、青汁には副作用はないので安心してください。

そもそも副作用というのは西洋医学における「医薬品」にのみ認められるものであり、
食品、あるいは健康食品に分類される製品については起こり得ない事象なのです。

それ以前に、青汁はそもそも「野菜のしぼり汁」という表現が正しい飲み物です。
数多の症状改善の作用は、野菜に含まれていた様々な栄養素によって身体が健康な状態に戻る
その過程で症状や身体の不具合が解消されていくというメカニズムなのです。

家庭でキャベツやレタス、ブロッコリーなどの野菜を食べても副作用が起こらないという事と同じ仕組みです。
スーパーで買ってくる野菜と同じく、無添加のものや農薬を使用していないものであれば、
なおさら安心して飲用することができるので、購入の際には一つの基準にしても良いでしょう。

ただし、医薬品とは異なり「即効性」はありません。
前述したとおり、身体にゆっくりと影響を与えるスタイルなので、
なかなか効果が実感できないと感じる人もいるでしょう。

しかし、これは言い換えれば身体に優しく、全く負担をかけない手段ともいえます。
少しずつ身体をメンテナンスして良好な状態に持っていくというイメージです。
それには継続的な摂取が必要不可欠なのです。

なかなか効き目を感じることができなくても、
それは今はまだ目に見えないところをメンテナンス中という事かもしれません。
投げ出さずにじっくりと待てば、必ず身体の調子が良くなってくるでしょう。

アレルギー

そもそもアレルギーとは体外から摂取した物質に対して、身体が異状な免疫反応を起こすことを指します。
卵や牛乳などでアレルギーを起こす可能性があるように、青汁にもごく稀に症状が起こる事もあります。

アレルゲンとなり得る成分や食品は原材料に入っていないことが殆どですが、
絶対にないと断定することはできません。
もし飲用に際して、少しでも身体に異状を感じたら一旦飲むのをやめてみましょう。
それで症状が止まるようであれば、もしかすると青汁でアレルギーが起こったのかもしれません。
こちらのサイトには冷え性や、脂肪燃焼に青汁についての詳しい解説があります。

もし症状が止まらなければ、病院やかかりつけ医師に指示を仰ぎましょう。

症状の一例としてはブツブツや湿疹が起こる可能性があります。

トップに戻る