人気青汁を徹底比較!
毎日の若々しさとイキイキを支える優秀な製品を厳選して評価。
本当に満足できるアイテムを飲み比べました!

青汁の歴史と栄養

青汁というとどんなイメージでしょうか。
かつてのコマーシャルのように不味い、苦いとあまり良いイメージは浮かばないかも知れません。

実は、最近のものではなく何と千年以上の歴史のある食品でした。

日本においては、ある研究者が戦後の食料難の時代に何か栄養のあるものをと青汁を研究し、ケールという植物に出会いました。
それが今日の青汁の素となっています。

ケールは苦味がありますが、特にベータカロテンが突出しており、その他ビタミンKやC豊富です。
ミネラル類ではカリウムやカルシウムが含まれています。
食物繊維も含まれているこの優秀な食品を摂取することで、便通や血中コレステロールの値の改善や、ビタミン類による活性酸素の除去といったことが期待できます。
またメラトニンという睡眠の質に関係するホルモンが含まれています。
きちんとした睡眠は身体を整え、リラックスすることができます。
ストレスが多く、野菜不足がちな現代人には必要な栄養素を含んだ素晴らしい食品です。

しかし、問題なのはやはり苦味です。
以前は100%が主流でしたがな今では、フルーツと割ったものなども出てきています。

また最近はケールだけではなく、大麦若葉の青汁があり、ビタミンB1やカリウム、マグネシウムなどが含まれています。
明日葉という伊豆大島や八丈島が原産の植物から作られる青汁も人気があります。
明日葉は造血のビタミンと呼ばれるビタミンB12をはじめ、鉄分など20数十種類のビタミンやミネラル類は含まれています。

このようにどの植物からも、豊かな栄養素を補給できることが期待できます。
味や用途にわけていろいろと試してみることで、自分に合ったものを楽しみながら選ぶことができます。

トップに戻る