人気青汁を徹底比較!
毎日の若々しさとイキイキを支える優秀な製品を厳選して評価。
本当に満足できるアイテムを飲み比べました!

青汁に砂糖は入れないほうがいい?

青汁は毎日欠かさず飲む事が重要です。
でも、苦くて飲みにくいと続けるのが難しくなります。
大麦若葉等、飲みやすい青汁も販売されており、ビタミン・ミネラルは豊富ですが、ケールに比べると栄養価が低いものもあります。
また、手軽に飲めるように添加物、甘味料が含まれていたりして、健康に良いといえないものもあるのです。
しかし、ケール100%のものは独特のにおいや苦みがあります。
買ってはみたものの、どうしても飲めないという場合はどうすればよいのでしょうか。

まず、白砂糖を入れて飲むのはお勧め出来ません。
毎日の習慣になってしまうと、糖分のとり過ぎになるからです。
砂糖は肥満の原因になるだけではありません。
砂糖を分解するときには、ビタミンB1が大量に使われます。
青汁に砂糖を加えてしまうと、青汁に含まれるビタミンが減少してしまうのです。
そしてビタミンB1が欠乏すると、様々な体の不調を引き起こします。

どうしても青汁を飲めず、甘味を加えたいなら、少量のはちみつや、添加物、不純物の入っていないオリゴ糖を使うと良いでしょう。
特にオリゴ糖は消化吸収されにくく、善玉菌のエサになるので、腸内環境を整えてくれます。
だんだん量を減らしていけば、そのうち甘味がなくても飲めるようになります。
糖分でなくても、牛乳で割る、みそ汁に入れる等、工夫する事が出来ますから、自分に合った方法で続ける事が大切です。

トップに戻る