人気青汁を徹底比較!
毎日の若々しさとイキイキを支える優秀な製品を厳選して評価。
本当に満足できるアイテムを飲み比べました!

青汁の選び方をナビ「原材料編」

青汁を選ぶときに特に重要になるポイント、それが原材料です。
どんな原材料が使用されているかによって、青汁の価値そのものが決まると言っても過言ではありません。

このページでは、そんな「原材料」というテーマで製品選びのコツを解説。
原材料毎の特徴や成分、お薦め製品をナビゲートします。

注目野菜:明日葉

明日葉は、伊豆諸島や八丈島を原産とする野菜です。
摘み取っても、明日には新しく芽が出る…と言われるほど強い生命力を持っているのが特徴。
非常に優れた栄養価を持っています。

特に注目したいのは、カルコンという特有成分です。

カルコンにはデトックスに効果があり、老廃物を洗い流すパワーを持っています。
その為、むくみの解消やダイエットなどに適しているという評価を獲得しています。

もちろん、食物繊維やビタミン、ミネラルもバランス良く含有しています。
その含有量はケールを圧倒するレベルです!

味はマイルドで甘味が強いのが特徴。
青っぽい匂いや苦味が少ないので、飲みやすい原材料としても注目されています。

お薦めはふるさと青汁

もっと詳しく

明日葉を含有する製品で、お薦めしたいのはふるさと青汁
カルコンを豊富に含む茎の部分や葉、根っこの部分まで全て使用しているのが特徴です。
無農薬栽培された安心素材が使われているのもポイント!

注目野菜:大麦若葉

大麦若葉は、大麦を青いうちに収穫したもの。
クセのないスッキリした味わいが特徴で、飲みやすい青汁素材として知られています。

SOD酵素という抗酸化作用の強い成分を含むのが特徴です。
食物繊維やビタミン類も豊富で、健康管理にしっかりと役立ってくれます。
もちろん、美容にも活用することができます。

お薦めはふるさと青汁

もっと詳しく

やはり、お薦めはふるさと青汁です。
この製品は、明日葉に加えて大麦若葉も使用しています。
使用されているのは、九州産!
もちろん、安心して摂ることができる品質の有機大麦若葉です。

注目野菜:クマイザサ

クマイザサは、北海道などに自生している野菜。
殺菌作用を持っているのが特徴です。
栄養価は高く、腸内環境を整えたい方にもお薦めの植物として注目されています。
食物繊維やカルシウム、鉄分などを含みます。
青臭さを感じさせない上品な香りも魅力!

お薦めは黒糖 抹茶青汁寒天ジュレ

もっと詳しく

黒糖 抹茶青汁寒天ジュレには、北海道産の自生クマイザサが使用されています。
抹茶や黒糖、ココナッツシュガーなどを配合しているのが特徴で、それによって飲みやすさを高めています。
ジュレタイプなので、飲みやすいのが特徴!
初回は大幅割引も適用されるので、お得に飲み始めることができます。

その他の原材料

ヨモギ

漢方薬としても使われている植物です。 シネオールというリラックス成分が含まれています。 黒糖 抹茶青汁寒天ジュレには、植物発酵エキスとしてヨモギが配合されています。

ケール

ケールはひと昔前まで主流だった原材料。 栄養価は豊富ですが、苦味が非常に強いのが欠点です。 CMで「まずい、もう一杯」と言われたり、罰ゲームに使われていたのは、このケールを原材料に使った青汁です。

味を調えるために茶葉が配合されることもあります。 お茶が配合されている青汁は飲みやすいのでお薦めです。 カテキンなどの健康成分も含有されているのが特徴です。

このコラムに関連する記事一覧

トップに戻る