青汁の飲み方ガイド

How to drink green juice

メインイメージ

ケール青汁の特徴

現在では様々な原材料から作られるようになった青汁。
大麦若葉・明日葉・桑の葉・よもぎ・いぐさ・クマザサなどなど
材料は実に多岐にわたるようになりました。

これは科学の進歩と研究の賜物であり、多様な材料を組み合わせることで、
より効率の高い効果・効能と飲みやすさを実現した素晴らしい結果といえるでしょう。

しかし、昔ながらの青汁も捨てたものではありません。
独特な苦味が原因で飲めなかったという人もいるかもしれませんが、
良薬口に苦しという言葉もあるぐらいですから、非常に栄養価が高いものでした。

シンプルであるがゆえに味の調整もなされておらず、まさに絞りたての野菜ジュースといった趣です。
その苦味の原因は元祖・原材料のケールによるものですが、これは一体どんな野菜なのでしょうか?

ケールとは?

別名【緑黄色野菜の王様】という異名をとるほどの高い栄養価を誇ります。
日本では、今一つ知名度の低い野菜ではありますが、ヨーロッパを中心とする海外では人気のある野菜です。
家庭でも一般的に用いられるほどで、ポタージュや揚げ物として食されています。

その風味からも、なんとなくではありますが「キャベツの原種」であることも窺い知れます。
アブラナ科の植物の代表例で、ブロッコリーの原種としても知られています。
日本では「羽衣甘藍」とも呼ばれることがあるようです。

豊富に含まれている栄養素としては下記が挙げられます。
これはすなわち、ケールを原材料とした青汁にも含まれているという事になるので要チェックです。

【β-カロテン】
この成分は体内に入るとビタミンAという栄養素に作り換えられます。
主な作用としては、抗酸化作用が挙げられるでしょう。
過剰発生すると体内を傷つけて老化の原因となってしまう活性酸素という物質を排除してくれる作用で、
美容や生活習慣病予防にも最適な働きと考えられています。

上記の働きの結果、肌や粘膜の代謝が良くなり、免疫力もアップします。
これによって体外から侵入してくるウイルスなどにも強くなり、風邪予防にも働きかけます。
カロテノイドという色素の一種だと言われています。

【ルテイン】
目の疲れを予防する働きを持っていると言われています。
紫外線などから目を守る働きもあり、簡単に言えばサングラスの様な作用を持っています。

白内障に対しての予防策にもなると考えられており、強力な抗酸化作用もあわせもちます。
こちらもβ-カロテンと同様にカロテノイドの一種です。