人気青汁を徹底比較!
毎日の若々しさとイキイキを支える優秀な製品を厳選して評価。
本当に満足できるアイテムを飲み比べました!

フリーズドライ等タイプ別比較

ひとくちに青汁といっても実は様々な種類が存在します。
ケールや明日葉、大麦若葉など原材料の違いはもちろんですが、
この他にも製品のタイプという意味でいくつかの種類に分類することができます。

一見、あまり意味のない分類のような印象を受けるかもしれませんが実は非常に重要な分類なのです。
なぜなら、タイプによって飲用の手間が異なるため「毎日の継続的摂取」の可否を大きく左右するからです。
継続的な摂取が出来るかどうかは、効果の実感にダイレクトに影響します。
当然のことながら、途中で投げ出してしまえば何の意味もありません。

また、製品タイプによって成分の保存量にも差が出てしまうというのが最大のポイントです。
原材料に含まれている栄養をすべて保存できれば理想的ですが、
実際には製造過程で少なからず損なわれる成分があるでしょう。

このロスを如何に最小限でとどめることが出来るかどうかという問題がメーカーにとって最大の課題であり、
購入する消費者にとっても大きな問題として考えられます。
いくら真面目に飲んでいても、劣悪な製品で成分が殆ど損なわれていたのでは大損害です。

購入の段階から成分表や製造過程に関する情報を集めて吟味しましょう。
また、ここでは製造方法と製品タイプについて解説しているので一つの指標にして活用してください。

製品タイプ・製造方法比較

【冷凍タイプ】
もっとも栄養が損なわれない製法のひとつとして挙げられます。
読んで字のごとく、絞って液体にしたものを凍らせた製品です。
製法そのものが単純なので、成分が失われにくいのが大きなメリットとでしょう。
しかし、解凍してからでないと飲めないなどの手間という部分でデメリットがあるかもしれません。
しっかりと栄養を摂取したい方向けのタイプです。

【粉末タイプ】
もっとも製品数が多いポピュラーなタイプと言っても過言ではないでしょう。
水に溶かすだけで服用できる利便性が最大のメリットです。
味を改善したものも多く飲みやすさという面でも高い評価を受けています。
栄養分も損なわれていない優秀な製品が多く存在しますが、しばしば劣悪な製品もあるようですから、
十分に情報を確認してから購入するようにしましょう。

【フリーズドライタイプ】
真空状態で乾燥させるタイプの青汁です。
一切加熱が必要ないので、栄養価の保存という面においては非常に優秀です。
水で元の状態に戻してから摂取するため、粉末タイプと同じ利点があります。
最新技術を駆使した有用性の高い製造方法です。

こちらのサイトでも青汁の製品タイプごとの特徴がかかれています。

みなさんは青汁ラーメンというものをご存知ですか?
これは有名なヤクルトというメーカーが作った青汁製品です。
味がいくつかあり人気商品みたいなので是非試してみたいですね。

トップに戻る